ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
2022冬休み児童愛護サービスイベント 開始
2022-01-10フォントサイズ: A A A

 1月1日、『家庭教育促進法が正式に施行され、今後、保護者は「法に基づいて子供を育てる」。「少年児童を育てるには、家庭、学校、政府、社会に責任があり、傍観者がなく、皆関わる者である。」「科学的育児の理念が千家万戸に伝えなければならない」という。寧波市の2022冬休み児童を愛するイベントがスタートした。イベントは「家庭教育促進法」の実行を主とし、児童を愛するイベントの展開をし、法に基づき家庭教育を実施する保護者の主体的な責任を明確し、児童に対する科学教育、未成年子供の健全な成長に積極的に見守るようよびかけている。

    市婦人連合会は15年連続、大堰学校の留守児童の「愛する里親」のペア組みを行い、留守児童への思いやり、教育などの問題解決を助けた。里親はよく子供と交流したりして、生活や心の成長に気配りをする。祝日になると学校へ子供に会い、家族の温かみをもたらしたのである。

【印刷】 【閉じる】