ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
梅山の民間文芸
2021-09-08フォントサイズ: A A A

 近年、梅山街道は民間文芸と島レジャー文化を深く融合させ、美しい農村建設を展開し、梅山伝統文化の特色を持つ逸品の小院、生態河埠頭、美しい村居などを段階的に作り上げ、伝統文化を梅山建設の中力を尽くした。


 多くの措置を行い、全力で民間文芸伝承の担体を作り上げる。近年、梅山街道は合わせて2800万元を文化事業に投入し、毎年120万元以上の文化特別経費を保障している。現在、梅山は民間芸能チームは26のチームを持ち、5000人余りの方が参加し、民間文芸の全島カバーを実現した。


 特色がある民芸伝承の実体を丹念に形作る。梅山民間文芸はすでに「一村多品」を形成しており、村と村にはプロジェクトがあり、村と村にはチームの鮮明な特色がある。観光スポットの建設を積極的に探求し、全域の観光資源を統合し、五色の新梅海島の観光ルートを打ち出している。また、梅山獅子舞伝承体験基地、水滸名拳伝承体験基地などの民間文芸伝習基地を観光に組み入れ、良好な経済効果と社会効果を収めた。

【印刷】 【閉じる】