ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
寧波ソフトウェア業の高速成長
2021-09-08フォントサイズ: A A A

 このほど、中国電子情報業界連合会は2021年度のソフトウェアと情報技術サービス企業の競争力報告及び上位100社の企業を発表した。寧波均勝電子は2019年より寧波企業の中国ソフトウェア百選における「ゼロ」の突破を実現した後、3年連続でランキングに入り、22位にランクされた。


 ここ数年以来、均勝電子はスマートシート、スマートドライブ、新エネルギーの電気制御と自動車の安全などの領域の基礎の上でソフトウェアの実力を強化して、現在すでに“軟硬協同”の研究開発能力と量産能力を形成した。会社は全世界で工事技術と研究開発人員を持っている。


 均勝を除いて、寧波もソフトウェア業界の新人が現れて、資本の愛顧を深く受けられる。


 寧波森浦融訊科技有限公司は、紅杉資本、CMC、世界銀行などのPEVC分野の大手投資を獲得した。その予想値はすでに10億ドルを超えて、本当の意味でのユニコーン企業になった。これは寧波ソフトウェア業の第一のユニコーンだ。


 最近、数益工聯も高レイから数千万元の資本の投資を獲得して、業界の予測値は5億元ぐらいで、寧波工業のインターネットの領域の新高になった。


 近年では、多くの企業がそれぞれ1000万元を超える融資を受けており、これらは大手ソフト会社の成長を促した。


 2018年寧波が特色型中国ソフトウェア都市の創建を発表して以来、3年連続でソフトウェア業務の高度成長を実現した。昨年、わが市のソフトウェア事業の収入はすでに千億に達し、10年の10倍の高速成長を達成した。


 「ここ数年来、デジタル経済が盛んに発展してきました。寧波ソフトマンはこの機会をつかんでほしい」と市ソフトウェア産業協会の秘書長はこう述べた。

【印刷】 【閉じる】