ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
海曙区 「科創中国」の先行モデル
2021-09-06フォントサイズ: A A A

      最近、省科学協会は2021「科創中国」浙江省革新基地と浙江省レベル試験県(市、区)の入選リストを発表した。海曙区は寧波で唯一入選した県(市、区)となった。


    「唯一」の競争優勢はどこから来たか。現在、海曙区はすでに工研院、交大寧研院など高レベルの改革プラットフォームを集めており、国内50あまりの大学、科学研究院、フィンランドなど14カ国との成果をドッキングした。デジタル産業化をリードし、産業デジタル化の転換を加速する発展パターンを形成した。「科創中国」建設の豊富な土壌をしっかりと固めた。


    同時に、高素質の人材チームの建設をめぐって、「ハードテクノロジー」のイノベーションを展開し、デジタル経済をリードして産業の転換とアップグレードを促進するという重要な問題について様々な政策を打ち出した。


    現在、寧波の「科創中国」パイロット都市の建設経路はすでに決まっている。海曙区も引き続き、対応する計画を作っている。国(省)レベル5社以上の学会を長期的に緊密な協力関係を構築し、毎年海外人材とハイレベル人材を30人以上導入する。10社以上の人材企業を導入し、10項目以上の科学技術の成果転化を実現する。調査によると、「科創中国」浙江省レベルのパイロット県の特別政策はすでに企画され、政府、学会、大学、企業、資本が共同で設立したデジタル経済革新連合体が企画されている。


 区科学技術局(科学協会)の関連責任者によると、今後は産業の基礎をしっかりと固め、革新要素を集め、政策体系を充実させる。いくつかの重点的な技術革新の成果を収め、「科創中国」の先行モデルになることを競って、近代的な浜海大都市の最も活気ある都市づくりを加速させるために努力するという。

【印刷】 【閉じる】