ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
慈渓の国家レベルの企業
2021-09-13フォントサイズ: A A A

    国家レベルの「小さな巨人」企業として、寧波速普電子有限公司はこの二年間で3000万元を投入して新プロジェクトの研究開発に用いている。生産したスプリング電気コネクタシリーズの製品は軌道交通、風力発電などの分野に応用されている。市場占有率は全国の先頭に立っている。今年の7ヶ月前に、会社の売上高は去年同期より50%以上増加した。その中で、開発した直挿し式のレールの配線端子の売上高は3000万元を突破した。

    慈溪市には速普電子のような国家レベルの新しい「小さな巨人」企業が30社ある。その数は全省各県(市)のトップに位置している。ここ数年来、慈溪市は製造業「鳥籠交換、鳳凰涅槃」を推進し、中小企業を「専・精・特・新」の方向に発展させ、いくつかの工業企業のランドマーク、業界のランドマークを育成した。慈溪市は主たる専門な業務を集中に育成して、精密かつ効率的で、独特な特色を持って製品をサービスする。革新能力が著しい「小さな巨人」企業を育成させ、新しい効果を期待している。

    慈溪市は重点企業育成倉庫を設立し、「単独のチャンピオン」「ステルスチャンピオン」の育成、億元レベルの企業行動計画及び一連の支援政策を打ち出し、企業を「特別に新しい」発展の道に導く。慈溪市には153社の企業が入庫して育成し、特定の細分製品の市場占有率が国内トップ5の「単一のチャンピオン」、「小さな巨人」企業、「ステルスチャンピオン」企業126社が出現し、国内の細分市場占有率が第一位の企業73社もある。

    慈溪市の専・精・特の新しい「小巨人」企業の中の「スター」として、浙江億日気動科学技術有限公司は気動部品を30年余り専念に生産している。2018年、同社は北京航空航天大学などの単位と共同に申告したプロジェクトが国家科学技術進歩二等賞を獲得した。

    2025年までに、慈溪市は国家レベルの製造業の単一のチャンピオン企業(製品)、国家レベルの専・精・特の新しい「小さな巨人」の企業、ハイテク企業を目指して、それぞれ8社、35社、760社に達して、新たに製造業の上場企業を新たに10社増やして、規定上の工業企業のデジタル化の改造は全部カバーする。

【印刷】 【閉じる】