ホーム
> 寧波ニュース > 写真ニュース
四明山の詩路 文化と旅行の融合
2021-09-13フォントサイズ: A A A

    秋に入り、柿が赤くなりました。大嵐の柿林村の「沁山居」には、長いテーブルに美味しい料理が並べられている。民宿の主人は遠くから来たお客さんとお茶を飲みながら、歌を歌って、月見をしながら楽しみ尽くして帰った。

    民宿に住んで、古道を歩いて、美食を味わって、花を見て景色を鑑賞する……今の人々は浙東を遍歴して、四明での選択が多くなってきた。唐詩の道を歩いて、詩の情と画の意を体験できる。

    会稽山の東南方向の景色、四明山以上がない。秀麗な山水と深い人文が生んだ四明山は1000年以上前から浙江東唐詩の道を東進させ、李白など唐代の詩人が書いた鮮やかな素材になった。近年、余姚は浙東唐詩の路文化帯の建設を手掛かりとして、「巍巍四明山、滔滔姚江水」の自然の美、「陽明思想、心学聖地」の人文の美と「赤色指導、緑色エネルギー」の党建の美を融合させ、特色の鮮明な四明山詩路文化の道案内を作り上げることに力を入れている。

    余姚は生態保護を優先して、村の姿を美化することによって、観光スポットを最適化し、古い道を直列に結んで、美しい田舎、観光スポットの小さな環状線を線と面に結んで、現地訪問と専門家の研讨を通して、三大明山詩路を建設する。

  「道を作って、景色を作って、庶民の生活を豊かにさせる」、ここ数年以来、余姚は農村の道路「建設管理・養護輸送」の仕事を着実に推進し、農村の道路ネットワークを拡張し、全地域の観光発展を促し、四明山の詩路を「共同富裕への路」にさせる。統計によると、2020年末までに、余姚農村自動車道の総距離は1757.4キロメートルに達し、265行政村のバスの通達率は100%に達した。

【印刷】 【閉じる】