ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
兆元のGDP都市の一人当たりの消費ランキング 寧波は14位
2021-07-05フォントサイズ: A A A

    寧波の人は買っても買っても惜しまないですか。先日、21世紀経済研究院が発表した兆GDP都市の一人当たりの小売総額(通常は「一人当たり消費」とも言われる)ランキングは、多くの寧波市民の注目を集めている。発表された情報によると、寧波は兆GDP都市の一人当たり社ゼロ総額の14位にランクされている。


一人当たりの消費能力と潜在力がより反映できる。


 一般的に言えば、常住人口が多い都市では、小売総额が大きな优位を占めているが、一人当たりで見れば、都市住民の消费能力と潜在力を反映している。


 21世紀経済研究院は22兆GDP都市の一人当たりの社会消費財小売総額(以下、「社零総額」という)を整理している。データによると、22の都市のうち、一人当たりの小売総額はこのランキングでは、寧波は14位にランクされている。


「頭部消費都市」の構造はすでに現れている。


 このランキングは寧波にとって予想通りですか。2020年の小売総額は寧波が18位で、2019年に比べて2つの順位を上げた。2020年、寧波の小売総額は4238.3億元で、成長率はそれぞれ全国、全省3.2%と1.9%を上回っている。


消費力は収入水準に合致していますか。


 しかし、都市部と農村部の住民一人当たりの可処分所得というランキングとは対照的に、一人当たりの小売総額は全国第14位の順位がやや違っていると考える寧波人も少なくない。


 一人当たりの小売総額は住民一人当たりの可処分所得水準と正の相関がある。都市ランキングでは、寧波2020都市部と農村部の住民一人当たりの可処分所得は59952元で、全国都市で8番目に高い。ランキングから見ると、寧波市と農村部の住民一人当たりの可処分所得は無錫、常州などの一人当たりGDPより寧波の都市より高い。


 いわば、「富を民間に」は寧波の隠れた都市のラベルになっている。巨大な消費潜在力に直面して、どうやってより良い消費環境を創造し、消費市場の購買力をさらに掘り下げるか。


消費を留保することが肝要だ。


 このありふれた問題は、国際消費都市の建設を全面的に推進する中で、答えもダイナミックに更新されている。もっと多くの消費選択を与えて、市民消費を寧波に残しておくことが鍵となる。


 早くも2019年に、寧波は正式に「寧波市が国際消費都市を建設する実施案」を提出し、具体的な目標を掲げた。全国の重要な輸入消費品集散センター都市、長江デルタの重要なショッピングセンター都市、全省消費便利化モデル都市の三大機能位置づけをめぐって、国際消費都市を建設する。2021年までに、全市の社会消費財小売総額は5300億元に達するよう努力する。


 2021寧波通年ビジネス会議では、寧波は国家級国際消費センター都市に組み入れるための試行を手掛かりとして、新たな消費のハイライトを育成することをさらに提案していた。

【印刷】 【閉じる】