ホーム
> 寧波ニュース > 写真ニュース
生態系に配慮した河川整備 町が美しくなった
2021-07-19フォントサイズ: A A A

    寧海県と前童鎮は、白渓、梁皇渓などの流域の管理においては毎年数千万元の資金を投入し、「どの家の前も水が流れている」ようにしている。数十軒の豆腐工場による水汚染を統一管理している。また、たとえ一億元以上の投資プロジェクトであっても、町の持続可能な発展計画に合わなければ、断固としてそのプロジェクトの申請を却下する…2012年から寧海県前童鎮は寧波初の町の水環境整備事業をスタートさせた。21キロもある川の浚渫工事や川岸の補強工事、景観緑化工事などの総合的な管理を展開してきた。それと同時に、2億元を投資して前童鎮を流れる白渓の部分を改めて整備し、水害防止の基準を20年に1回まで引き上げた。

【印刷】 【閉じる】