ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波国家高新区 高素質人材の強磁場
2021-06-07フォントサイズ: A A A

    常住人口は13.8万人で、年平均伸び率は全市一だ。労働年齢人口は10万近くで、71.1%を占めている。大学以上の文化レベルの人口比は37.0%に上昇している。最近、寧波国家高新区(新材料科技城)の第7回国勢調査の主要データが発表され、注目を集めている。


    革新的な資源は人材を引きつける基礎的だ。ここ数年来、高新区(新材料科技城)は「ゆりかご」の優位により、「五つ指導と五倍増」の科学技術と人材の誘致活動を深く展開し、重大なイノベーションプラットフォーム、重大な科学技術プロジェクトと重大な科学研究インフラの導入に全力を尽くして取り組んでいる。現在、全区一体にして研究改革とインキュベーターを推進し、四つの機能プラットフォームを建設し、各種類の革新創業プラットフォームを新築、拡張する。合わせて40個以上プラットフォームを建設し、そして大学院・研究所などのハイエンドの革新プラットフォームによって「産・教・研」の融合を展開し、「高新エリートシリーズ計画」を実施し、高レベルの人材を150名近く導入している。


    産業は人材を育成し、人材を集める根本のことだ。高新区(新材料科技城)は新材料、ソフトウェアと情報サービス、知能製造、生命健康、科学技術サービスなどの重点新興産業に立脚し、産業チェーンをめぐって人材チェーンを作り、豊かな産業土壌を育む。育成を通じて、同区の科学技術型中小企業は爆発的な成長を迎え、昨年は国家科学技術型中小企業444社、市科学技術型中小企業381社が新たに増加し、新たにハイテック企業130社を認定し、有効なハイテック企業は323社に達した。


    サービスが高新区の「磁場」のもう一つの看板だ。この区は強力な動力で改革を堅持し、デジタル化の改革を推進することを先導にしている。引き続き最適経営者の環境を造営し、同時に建設の品質が高いことを堅持し、全面的に地域の幸福指数を昇格させる。現在、全区の政務サービス事項は「最大一回」の割合が100%に達し、「ゼロ回走る」割合は98%に達し、手のひらの操作率は96%に達し、またいくつかの小中学校、コミュニティ衛生サービスセンター、コミュニティ文体センター、養老院などの民生プロジェクトを建設し、三年間で累計で品質建設投資が100億元を超えた。

【印刷】 【閉じる】