ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
宿根の花、麦冬、蘭、三七…東銭湖の美しい景色
2021-06-01フォントサイズ: A A A

 東銭湖環湖南路(鄞城大道—韓嶺)は、3.8キロの中央緑化帯がすっかりと姿を変えた。現場には宿根の花、季節の草花、麦冬、蘭の花、三七など多くの種類の花が咲き、色鮮やかで華やかで、雰囲気が盛り上がっている。同時に、韓嶺の三叉口の緑化景観も向上し、花壇の池システムが改造され、景観の小品も多く追加された。


 話によると、第二回中国-中東ヨーロッパ国家博覧会及び国際消費財博覧会の接近に伴い、東銭湖観光リゾート建設管理局は高品質、高標準のために環境保障任務を完成し、時間の厳しさ、任務の重さ、戦線の長い困難を克服し、投資は500万元を超え、昼夜20日間奮闘している。5月末に湖の南路と韓嶺のブロックの景観を完成して改造工事を昇格させて、東銭湖の沿線の景色に新しい光彩を加える。

【印刷】 【閉じる】