ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
第一回中国国際消博会の開幕
2021-05-07フォントサイズ: A A A

 午後5時、中東ヨーロッパの家の責任者で、セルビア華人商業連合会会長の郭暁さんは部下を率いて、550平方メートルの展示エリアを内外から詳しくもう一度確認した。


 5月6日夜、第一回の中国国際消費財博覧会が海口で正式に開幕した。寧波の中東ヨーロッパの家が招待されて参加した。


 第一回の消博会の総面積は8万平方メートルで、アジア太平洋地域の最大規模の消費逸品展を作り上げるつもりだ。その中で、国際展示エリアは6万平方メートルで、ファッション生活、ジュエリーダイヤモンド、ハイエンド食品保健品、滞在生活とサービス消費の5大専門展示エリアが含まれている。中東ヨーロッパの家の地域は、まさに世界の逸品が飛び交う国際展示区だ。


 中国―中東ヨーロッパ国家博覧会は中東ヨーロッパ国家指導者サミット後初めての中国―中東ヨーロッパ国家経済貿易協力盛会として、関連政策サービスが絶えず改善され、貿易便利化の措置もますます多くなっている。市商務局の関連責任者は特に次のステップについて、中東欧首脳会議の精神に基づき、寧波は重点的に一つの会議――中東欧博覧会、一園――中東ヨーロッパ国際産業合作園、四つのセンター、即ち航運物流センター、経済貿易促進センター、科学技術革新センターと文化交流センターを巡って、寧波を中国と中東ヨーロッパの国家協力の先行都市にしている。寧波市場の中東ヨーロッパ商品はますます多くの消費者の歓迎を受けると信じている。

【印刷】 【閉じる】