ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
芸術と住民の創造力
2021-05-07フォントサイズ: A A A

  「メーデー」の休暇中、「芸術をもって農村を振興させる」という方法を模索して「未来有名な国際観光村」を作り上げる東銭湖鎮城楊村は、一日の観光客の流動量が史上最高を実現した。5月5日、鄞州区白鶴街道の丹鳳コミュニティ、紫鵑コミュニティの書記と住民代表が城楊村に入り、独特な「芸術走親」を見学した。


  「城楊村は今の都市よりもっと美しくなっている。」「これらのデザインは実に巧妙だ。」途中、みんなは思わず城楊村の美しいに驚嘆した。


 名もない小さな山村から現在の「網紅村=(ネットで有名な村)」まで、城楊村はわずか9ヶ月で、三四十のスポットを作り、一歩ずつ景色を変えた。


 途中で時々いくつかの酒壇を見ることができて、壇の身は二十四節気を彩って、壇の口は1本の竹を挿しています。これは私達のオリジナルの「灰皿」で、タバコの吸殻をなくすために専用ですだ。従業員の紹介を聞いて、住民代表たちの目の前が明るくなった。丹鳳コミュニティの住民劉艶さんはすぐに携帯電話を上げて写真を撮った。「このアイデアはとても良くて、環境を美化しているだけでなく、知らず知らずのうちに文明の習慣を育てている。」


 白壁の瓦の平屋には一連の「おじいさんの家の宝物」が展示されている。私達の家にはこのような古いものがたくさんある。コミュニティで展示室を作ることができる。」


 遺物・遺棄物は展示に通じて、公共芸術になり、平屋は体験式の展示室になった。丹鳳コミュニティの関連責任者は展示の工芸とレイアウト設計を詳しく観察し、ソーシャルワーカーと古いもの展示可能性を交流していた。農村とコミュニティはそれぞれ違った味があるが、芸術の上で共通性を見つけることができる。例えば文明の育成、古いものの改造など、これらは参考になる。


 巨大な麦藁帽子、ミニ水車と手仕事場を見学した後、紫鵑社区の切り紙の達人、呉心玉さんは「芸術振興村」に対する認識が深めた。「芸術は田舎を美化しただけではなく、村民によい環境をもたらした。私たちのような目立たない技術がまた役に立つとは思わなかった。帰ったらよく考えてみる。どうやって私の切り紙細工をうまく利用すればいいですか。」


「芸術走親」は都市の住民に芸術の種をまいた。

【印刷】 【閉じる】