ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
鄞州区 高架橋下空間の低木景観
2021-05-05フォントサイズ: A A A

    最近、市民たちが澄浪橋(永達路と江東路の交差点)を通過している時に、高架橋下の疎密一致しない緑化を新しく敷かれた「彩色絵柄」に変えたことに気づいた。

    高架橋下の空間の改造が進められ、市民の注目を集めている。駐車場、体育館、倉庫…独特の改造は都市の「消極的空間」を「積極的空間」に変え、さらに都市の品質向上を促進している。しかし、一部の空間的要因が制限されており、「先天的条件」を備えていない橋下空間はどう対処すればいいですか。鄞州区は解決方法を見つけた。

    現場では、高架橋下の高さは約2メートルで、空間的な要因によって制限されている。体育公園や駐車場を改造する客観的な条件は備えていない。鄞州区総合行政法執行局園林緑化センターの担当者によると、以前はこのような高架橋下の空間は八角金盤などの耐陰緑植を主としていたが、高架橋下の空間は光照射が足りないし、雨水も不足している。緑の維持コストがとても高かった。

    これらの土地を効果的に利用し、景観効果の向上とケアコストの削減を両立させるにはどうすればいいですか。鄞州区の庭園部門は構想を切り開き、木のくず、色付きの樹皮、麦冬を添えて飾る。このような原材料は価格が安いだけでなく、風に強くて焼きにくいという特性を備えている。このようにして、高架橋下の空間の低木の生長不良な問題を解決して、都市の景観を豊かにして、廃棄物の利用のルートをも広げた。

    鄞州区園林緑化センターの担当者によると、試行が終わった後、このやり方は徐々に似たような需要がある地域に広がり、高架橋下の空間の美化利用方式を豊かにすることが期待される。

【印刷】 【閉じる】