ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
メーデーの交通
2021-05-03フォントサイズ: A A A

   「メーデー」の連休初日、大きな客流があり、寧波人の全体的な交通は整然としている。

    昨日の朝早く、鉄道の寧波駅のエリアは人の流れが大きくなっていた。バス南駅3561サービスクラスのボランティアの沈霞波さんは一時も止まったことがない。彼女は目が不自由の乗客と一緒に切符を買って、車に乗せて、バスに間に合わなかった乗客の変更を手伝っている。ボランティアの学生を指導して乗客を案内する場合もある。昨日と今日は旅客数が増えた。駅のサービスクラスのほかに、工商学院や財経学院など30人以上の学生がボランティアを行った。全体的に見ると、旅客はほとんど自覚的に秩序を守れる。と沈霞波が紹介した。

    今日の乗客数は10.5万人で、駅の新しいを刷新した。鉄道の寧波駅の関係者によると、当日、鉄道の寧波駅は列車を20本増発した。人が多く、車が多いにもかかわらず、全体の秩序は整然としている。鉄道の寧波駅の改札口、切符売り場、改札口、駅の出口などに「赤いベスト」がよく現れる。ボランティアは駅の従業員で、案内サービスを行っている。

    高速道路では、昨日の交通量が百万を突破した。記者は市道路局路網センターの監視映像から、市内の高速道路は大流量を迎えているが、車両が整然としていて、割り込みや緊急車道を走る様子が見えない。

  「午前10時半から上海方面から来る車が多くなった。サービスエリアの忙しさは夜6時まで続く」杭州湾海上大橋南岸サービスエリアの責任者の鄭海飛さんによると、ここに防疫検査口が設置されている。乗組員はマスク、健康コード、温度測定を規定通りに行われた。

【印刷】 【閉じる】