ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
早稲の苗
2021-04-05フォントサイズ: A A A

    4月2日午前、奉化区の麦浪農場で10ムー余りの早苗が緑に満ちている。農場の担当者は苗の風を通して苗を作っている。植え付けのために最後の準備をしている。

    春の気温は変わりやすく、先日の冷たい空気の影響で一部の苗に凍傷が現れた。幸いにも気温が回復し、被害の苗は徐々に回復している。

風を通して苗を鍛えることは、苗を育てる管理の重要な一環である。農業技術者の紹介によると、この数日間、棚の中の気温が高い時は25℃以上で、苗の成長が速く、適応能力が低く、素質が高くないため、毎日通風して苗を鍛える必要がある。

    市の農業農村局の高級農芸師によると、通風で苗を鍛える時間は普通午前9時に小屋を開けて、午後3時ごろに蓋をする。毎日繰り返し操作して、苗を環境に適応させて、植え付け後の苗は素早く苗を青に戻し、早稲の生産量を高めることができる。統計によると、2021年に早稲はすでに播種して、12.3万ムーを超えた苗を育ている。その中に早稲の播種面積は約11.2万ムーがある。

    今のところ、2021年には各地の苗の生育が良好で、あと10日ぐらいで、早稲マシンの植え付けが全面的に行われる。

    市の農業農村局の栽培業と農業管理処の関連責任者によると、2021年には全市で25万ムーの早稲栽培の任務が与えられている。現在の農家は田植えの管理と耕しなどの仕事に力を入れている。

【印刷】 【閉じる】