ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
慈渓初の郷風文明デジタル化ボランティア連盟 創立
2021-04-16フォントサイズ: A A A

 先日、慈渓初の郷風文明デジタル化ボランティア連盟が橋頭鎮で創立された。農村データ自治プラットフォームを拠り所にし、20個のボランティアサービスグループによる「橋頭分」のボランティア連盟を創立し、「グループ」の形でボランティアが展開され、農村振興のため、新風を吹き込まれた。


 去年から橋頭鎮ではデジタル化改革が全面的に繰り広げられ、慈渓初の個人信用を基本とする農村自治プラットフォーム――「橋頭分」は、村民のデジタル化の応用シーン、政府引率、村民自治、プラットフォームデータ化という「三治聯動」を実現した。ボランティアサービスに品質や効果を増した。「橋頭分」のボランティア連盟が創立され、更に融合公益性社会組織資源を融合させた。」と橋頭鎮党委員会の責任者が言ったのである。


 先週の土曜日、毛三斢村第5管理区画は環境整頓が展開され、約20名の村民が参加した。村民の情報疎通の強化により、何事も「見える、参加する」という形で村民を奮い立たせるため、橋頭鎮は「橋頭分」を農民信用システム建設に組み入れる。「橋頭分」の試験村で村民がボランティアに参加したことによって、得点奨励を獲得することができる。その得点が50ぐらいの店舗で生活用品と両替することができる。「橋頭分」を実施してから、各類のボランティア活動がおよそ1800回行われ、延べ7万人が参加したという。

【印刷】 【閉じる】