ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
843人の国家級文芸会員
2021-03-06フォントサイズ: A A A

    一昨日、市文連によると、寧波市初じめての職業高校の文連・寧波外事学校文連が設立され、市文連団体会員も新しいメンバーができた。昨年末までに、市文聯には市レベルの会員が8268人、省レベルの会員が2936人、国家レベルの会員が843人を有している。


 2017年、わが市は「寧波市文芸人材育成支援弁法(試行)」を制定し、「文芸甬軍」の強化に力を入れ、文化強市の建設に知的支援と人材保証を提供する。ここ数年来、わが市は積極的に徳と才能を兼ね備えて、徳と芸の双馨の文芸の従事者に対して、各種の文芸家協会に参加することを励まし、広大な文芸の従事者の積極性を発揮した。多くの文芸工作者が省レベル、国家レベルの文芸会員となり、わが市の文化の大発展、大繁栄を推進するために積極的な貢献をした。


    寧波外事学校はわが市の職業学校の中で唯一芸術専門を設置した学校なので、寧波の文芸界の重要な力となっている。現在は写真協会、美術書道協会、文学協会、音楽協会、演劇映画協会、ダンス協会、学生芸術団など7つの協会がある。会員が96名いる。


 2018年浙江紡織服装職業技術学院文連が設立され、寧波外事学校文連は全市第二キャンパスの文連組織だ。市文連は現在の団体会員が30社あり、市レベルの文芸家協会13社、区県(市)レベルの文連10社、業界(企業)など他の分野の7社が含まれている。

【印刷】 【閉じる】