ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
中国自動車耐久選手権 今年寧波で二回開催
2021-02-22フォントサイズ: A A A

    昨日、寧波市北侖区文化と広電観光体育局が明らかにしたところによると、中国自動車耐久選手権2021シーズンの暫定的なレース日程が発表され、寧波国際サーキットは、今年6月と10月に、中国自動車耐久選手権大会である2021シーズンである寧波駅のレースが行われることになっているという。

    寧波国際サーキットの全長は4.01キロメートルであり、独特な反時計回りの設計、22の速度、半径の異なるコーナーで構成され、山の勢いに応じて起伏し、高度の差は24メートルに達し、車両がカーブコントロールと加速時の各性能を十分に表現することができ、耐久レースにとっては大きな挑戦である。

    中国自動車耐久選手権の2021シーズン暫定日程によると、今年は6月18日から20日までと、10月22日から24日にかけて、寧波国際サーキットで、中国自動車耐久選手権の2021シーズンである寧波駅戦が開幕することになっているという。

【印刷】 【閉じる】