ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
寧波北侖 セルフ貿易試験区に助力
2021-02-19フォントサイズ: A A A

浙江省セルフ貿易試験区寧波地域が認可されて以来、北侖区は「1つの核心、3つの中心、1つの模範区」を機能定位に注目し、また思想的開放、手段革新、行動突出を速め、北侖区全体の力を挙げてセルフ貿易試験区寧波地域の発展を推進し、国家の新しいセルフ貿易区建設の中で先に突破し、トップに立つことを目指している。

プロジェクトを把握し、エネルギーレベルの高いプラットフォームを作り上げる。「全世界の先進的な制造業基地を建設する」に対して、本区は全力で「246」産業モデルパーク、蕊港小鎮の「1万畝1千億」プラットフォーム、港付近経済モデル地区などの三大産業プラットフォームの建設を推進し、重大プラットフォームと重大プロジェクトの推進を加速した。

科学技術がリードし、改革と革新を深化させる。当区は制度革新という自由貿易試験区建設の「キーワード」をしっかりととらえ、企業の実際需要と応用シーンの革新を締め付け、重点的な複製普及事項、重点セルフの革新事項を整理した。

   資源を集積し,発展空間を切り開く。本区は「畝平均生産量で英雄を論じる」改革と「籠を開き鳥を変える」改革に力を入れており、長期リース、先に借り後売却、弾力的な譲渡、混合産業用地の供給などの土地要素資源の改革を探り、先進的な制造業の発展余地を広げている。

【印刷】 【閉じる】