ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
春節の寧波訪問者 727万人1.58億元消費
2021-02-19フォントサイズ: A A A

2021年春節連休期間、寧波は文化と観光をテーマとしたイベントを出す予定。寧波市文化放送観光局の統計によると、211日から17日までの各市の観光地景勝地で累計727万人の観光客を接待し、凡そ2019年同時期の85%まで回復し、売上高は15785万元で、2019年同期の83%まで回復した。

   江北寧波滞在職員無料観光区、余姚丹山赤水「ワンチケット無料観光」「慈溪非文化遺産お年越」などが企業に紹介した。2021年春節期間、寧波市各地はお年越の人々に多種多様な無料観光を出し、アウトドア遊、田舎遊、短距離遊が盛り上がり、マイカー旅行の訪問者も90%を超え、東銭湖、慈城古県城、逹人村、寧波植物園などの景勝地が人気を呼んでいる。多くの企業が自らツアーを組織し、寧波で年越しを迎える従業員のツアーを企画している。Tucky観光ネットワークの観測データによると、寧波市の企業グループツアーへの参加者は全体の11%を占めており、寧波方特東方神画、象山映画村、ヤゴル動物園などの観光地への体験ツアーは企業に人気があり、安徽、河南、四川、江西などからの企業団体にも人気がある。

【印刷】 【閉じる】