ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
カラーフールな甬城
2021-11-24フォントサイズ: A A A

     晩秋の甬城は、異なる美があり、これらの「最も美しい観光地」を歩くのはまるで絵の中に足を踏み入れたようだ。

                                                                               






     前夜、風雨に見舞われた後、ギン州区東呉町小白嶺の下で、長さ約200メートルの山道が「黄金道」となった。普段は目立たないこの山道だが、毎年秋と冬になると、道端の池杉の葉が落ち、大勢の人が訪れて写真を撮っている。この杉は童一小学校の児童が1979年に植えたもので、当時「若林」と名付けられました。それから40年以上が過ぎ、「若林」は木々の緑に覆われ、毎年晩秋には、池杉総会は見事な色彩を人々に示している。


     月湖公園の院士林にある100本余りのイチョウは、現在も「金装」に入れ替えられている。遠くから見ると、目いっぱい見える金色は絵のように見える。


     今年は気温が下がるのが遅く、院士林銀杏の最適な観賞期も遅れているという。興味のある市民の方はお早めに良い天気の日に行ってきてください。

【印刷】 【閉じる】