ホーム
> 寧波ニュース > 写真ニュース
世界に残る技術を学ぶ
2021-11-24フォントサイズ: A A A

   「刀はこのように握れば、手の中で余裕ができる」、 「正しい包丁を入れる場所を素早く見つけ、ゆっくりと切っていく」、 「一か所の間違いは数か所の間違いにつなぐということを覚えてほしい......」寧海黄壇中学のある教室で、寧波市工芸美術大師、岳芸根彫芸術館館長の孔建岳が同中学校根彫芸術社の学生に指導を行った。


    黄壇中学校の陳華校長は、「校庭に出ず、授業に根掘り葉掘り」の活動を通じて、学生と世界遺産の「化学反応」を発生させることで、学生が勉強した後に視野と知識面を広げることができ、子供たちの根彫芸術に対する鑑賞レベルを高めるだけでなく、彼らの労働技能も高め、根彫という伝統芸能を伝承し発展させることができると述べた。

【印刷】 【閉じる】