ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
15年間夏休みのボランティア
2021-10-07フォントサイズ: A A A

    寧波ノッティンガム大学青年ボランティア協会15周年記念展はおととい閉幕した。青年ボランティア協会の15周年ボランティア記念をテーマにして、3 Dプリントモデル、写真作品、実物展示、ボランティアノート撮影などの様々な形式を通じて、貴州省貞豊県魯貢鎮の万障小学校での支援歴史を展示した。これは学生が長い間夏休みのボランティアの縮図だ。

  「2006年に最初の支教路線の甘粛線がスタートした以来、私達はすでに15年間を堅持してきた」、寧波ノッティンガム大学の青協関係者によると、15年間以来、学校は160回の教団を派遣し、2300人以上の学生が参加し、全国23省に足跡を残した。

【印刷】 【閉じる】