ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
海曙龍観郷 COP15フォーラムに参加
2021-10-13フォントサイズ: A A A

 国連『生物多様性公約』第15次会が、1月11日の午後締約者大会(CBDCOP15)昆明で開催された。海曙区関連部門によると、竜観郷はCOP15NGOフォーラムに参加したという。これも全省の唯一参加した郷鎮レベルの代表であるという。


 調査によると、これは龍観郷に採った生物多様性保護方法によるものである。現在、竜観郷は積極的に四明山地域の生物多様性の調査を進めており、全市で唯一自発的に展開された地域である。

 

 同時に、龍観郷は生物多様性体験基地の建設を手掛け、積極的に「昆明に向かおう―必ず自然を守ろう」というシリーズのテーマイベントを展開し、生物多様性保護の自主承諾を提出し、省内で唯一の参加となった。


 現在、龍観郷はすでに省生態環境庁の団委員会と合意に達し、共同で「浙江省生態環境庁―龍観連盟」を創立し、今後共に一連の生物多様性を保護する関連交流活動を行うことを強調されたという。

【印刷】 【閉じる】