ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
「町の蛍」書籍交換大会 ブックフェアで開催
2021-10-11フォントサイズ: A A A

                      「都市の蛍」大会の会場

 宇宙に関する書籍交換区で好きな本を選び、星空閲読区で静かに1人の時間を楽しみ、蛍のカバー区で好き本にカバーをつけ、福袋区で本との出合いを喜び……10月9日、寧波国際会展センターの6番館で、「町の蛍」書籍交換大会が初めて浙江ブックフェア登場し、「星空を漫遊しながら読む」をテーマに、ブックブレンドを「宇宙飛行士」に変身させ、本とともに宇宙を旅しているという。


 今回の書籍交換大会は寧波市委員会宣伝部(市新聞出版局)、共産主義青年団寧波市委員会の指導の下、海曙区委員会宣伝部、共産主義青年団の海曙区委員会の主催、初めては屋外から室内へ、時間は1晩から3日に延長したという。


 交換書籍の質量を保証するため、主催側が寧波文化領域の専門家からなる専門家審査団が現場で審査に当たっていた。会場でそれぞれ異なる風格の「星空閲読区」、「蛍ブックカバー区」、「時空タイムマシン」、「宇宙郵便ポスト」、「月球模型」などが設置された。そこでブックブレンドの記念撮影をしたりした。同時に、海曙団区委員会はオンラインで生放送プラットフォームを開き、キャスターに案内され、会場や特色地区を行脚することもできたという。


【印刷】 【閉じる】