ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
2021寧波ファッション祭 10月21日から開幕
2021-10-11フォントサイズ: A A A

         寧波ファッション祭は寧波アパレル産業を展示する重要な舞台になった。

 寧波国際会展センターを中心にし、寧波は間もなく全市範囲でファッション盛会を盛り上げる。10月8日午後、寧波市経済情報局から、2021寧波ファッショ祭及び第25回寧波国際服装祭は10月21日から4日間の会期で行われるという。


 紹介によると、今回の寧波ファッション祭は「ファッションの潮流を寧波から、知恵製造を力に」をテーマに合わせて展覧、経済貿易フォーラム、デジタルファッション祭、ファッションコンクール、発表会、消費体験、国際協力、ファッションシェアの8ジャングルの20項のイベントが企画されている。


 毎回のファッション祭は、それぞれの特色を持つコーナーを通し、業界の発展と消費の需要を体現していた。会場に訪れた人々の多元化した需要に応え、若い消費者をねらい、消費の新しい階層を掘り起こすため、今年ファッション展覧面積は3万㎡、ブースは1200個、五大コーナーに設置する。柔軟にファッションの種類を区分し、1つの生き生きとした立体的な流行産業の生態連鎖を作り上げようとした。


 特に、寧波ファッション祭はウェアー・アクセサリーの上に、文体、工芸美術、家庭用紡績品、住居装飾などの五大流行の産業分野が新たに増加した。また四川涼山彝族自治州の企業を要請し、イ族ファッション文化テーマ館を設立した。海曙区にリードされたアパレル産業頭脳も登場されるという。なお、「流行寧波」大賞の選出が毎年一回行われる。寧波ファッション促進賞、寧波新勢力賞、寧波新知恵製造賞、人気ブランド賞の4賞の表彰が行われる。

【印刷】 【閉じる】