ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
鄞州区、区民の屋外運動器材の再整備へ
2021-01-11フォントサイズ: A A A

 1月8日、鄞州区福明街道の桑梓苑団地には「次世代」運度器材を整備した。2020年下半期、鄞州区が資金を投じ、区民の身近なフィットネスの問題を解決した。


 調査によると、長い間、鄞州区は積極的に公共スポーツであるフィットネス施設の設置に力を入れ、区、鎮(街道)の両レベル政府が団地と村で919セットの7157点の器材を整備し、家の近くでそれを利用できるようになった。団地の広場などの屋外に設置したため、風雨に晒され、ある程度損害され、安全上に問題があった。鄞州区文化放送観光スポーツ局は(街道)と共同で2020年の下半期から再整備を始めた。調べによる2501点の破損器材を発見し、器材生産会社にメンテナンスと入れ替えを展開された。


 1ヶ月以上かけて、安全上問題をすべて解決した。同時に鄞州区は区民のニーズに応え、積極的に「次世代」屋外運動器材を配備し、現在はすでに福明街道桑梓苑団地で「次世代」器材を110点を設置した。

    

【印刷】 【閉じる】