ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
 第二回全国農村観光重点村のリスト
2020-09-08フォントサイズ: A A A

    最近発表された「文化と観光部 国家発展改革委員会の第二回全国農村観光重点村リスト公表に関する通知」によると、寧波市の3つの農村が入選された。

    今回発表した農村は全国各地にあり、浙江省のランクイン数は26個で、寧波のランクインした三つの村は象山県の壁頭鎮方家村、寧海県の橋頭胡街道双林村と寧海県の大佳何鎮葛家村だ。

    全国農村観光重点村にランクインするのは決して簡単ではなく、選ばれた農村は文化と観光資源の豊富さ、自然生態と伝統文化の保護が比較的に良く、農村民宿の発展は比較的に良く、観光商品の体系は成熟し、質は比較的高く、インフラと公共サービスは比較的に完備し、就業率が高く、経済の発展がよいなどの要求を満たす必要がある。2019年に発表された第1回全国農村観光重点村リストには、浙江省の14の村が選ばれ、奉化の滕頭村と寧海の鹿山村が選ばれた。


【印刷】 【閉じる】