ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
繁栄な夜間経済 省レベルの7つのランドマーク
2020-09-04フォントサイズ: A A A

    近日、省商務庁など7部門が共同で浙江省夜間経済モデル(育成)都市リストを発表した。夜間経済モデル(育成)都市重点建設の夜ランドマーク、寧波には7カ所の夜ランドマークがランクインした。

    鄞州区には寧波東部新城商圏と寧波南部新城商圏、江北区には、不夜老外灘、慈城国潮文創歴史街区と農村レジャー達人村街区。海曙区には天一広場と南塘老街がある。

    天一広場は寧波の明るい名刺だ。広場の东侧グルメ区と華潤スーパーとの間では、長さ180 メートルの水晶街がある。そして水晶街の両側に連結する木造の橋は、エキゾチックとレジャー、セーヌ川にいるような錯覚がある。

推薦場所:水晶の回廊、音楽の滝

    老外灘は寧波市の中心に位置し、夜の町は非常ににぎやかで、バーには婉曲な歌声が漂って、川辺には三江口の夜景を眺めながら、恋人と一緒に散歩するのはロマンチックだ。

推薦場所:カトリック教会、江北巡捕房、寧波美術館、酒店街

    寧波東部新城は寧波の新しい政治、経済、文化と商業の中心であり、その中で寧波文化広場、五一広場、東部銀泰城、宏泰広場は全体の商圏システムを構成している。

 



【印刷】 【閉じる】