ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
累計1000件の誘致数を超えた「創客中国」
2020-09-04フォントサイズ: A A A

    近日、「和豊杯」2020年「創客中国」寧波市中小企業創業大会の決勝戦には20個のノミネート項目が「創客組」と「企業組」に分かれて、激しい競争を展開した。最終的に、優れた市場表現と明るい市場の将来性により、「得油――海上知恵給油プラットフォーム」及び自動化された「全自動リード線結合設備プロジェクト」はそれぞれ「創客グループ」と「企業グループ」の桂冠を獲得した。

 「創客中国」大会の種目ごとに、新材料、集積回路、生物医薬などの新興産業「専精特新」の「小巨人」が多い。彼らの成長ルートを通じて、寧波の中小微企業がチャンスをつかむ柔軟な対応能力を見ることができ、更に寧波が創業・革新を奨励し、企業がすくすく成長するのに役立つ肥沃な土壌を見ることができる。

    データによると、今回「創客中国」寧波地区の決勝に参加した20種目のうち、数字経済種目だけでも17種目で、決勝種目の半分を占めた。

2017年第1回「創客中国」大会が開催されてから、これまですでに1412個の優秀な創業革新プロジェクトが寧波に定着した。2019年のこれらのプロジェクトの平均売上高は前年比8.92%の伸びを見せ、好調な成長力を見せている。

    近年、寧波市はまた、中小微企業のサービス券、科学技術大市場、創業市場、企業コードなどの政策、活動とサービスを相次いで発売している。それと同時に、普恵金融、保険革新、区域性株式取引市場、政府は基金などの多元サービス体系を誘導し、寧波に絶えず政策の配当を釈放させ、ますます多くの企業が創業革新を通じて急上升し、都市の活力を奮い立たせる。


【印刷】 【閉じる】