ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
中国初の船岸交互プラットフォーム 寧波で登場
2020-09-30フォントサイズ: A A A

    9月28日、寧波外輪理貨有限会社の研究開発した船岸交互フラットフォーム(TVIPと略称)は寧波船山港で試運行し、それによって、外輪理貨作業の手続きはデジタル化を実現したという。紹介によると、それは全国理貨業界内で初めての船岸交互プラットフォームであるという。


    紹介によると、船岸交互プラットフォームはクラウドビザ、クラウド問い合わせ、クラウド分かち合いとクラウド交互という四大核心ブロックがあり、船方、港、代理、理貨、水先案内と海事部門に遠距離交通、データの分かち合い、積み下ろしの状況核心、ビザ申請などの一体化したサービスを提供することができるという。当プラットフォームはウェブサイトの適応性能を通して、携帯電話、iPadなど携帯式の移動ターミナルとのシームレスドッキングを通して、確認バーコードを通して必要な操作ができるという。


【印刷】 【閉じる】