ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
慈渓 世界から人材を導入
2020-09-28フォントサイズ: A A A

    優秀なリーダ人材(団体)が慈渓で起業する場合は、最高1億元の支援基金がもらえる;重要なビジネス誘致プロジェクト人材アパートを奨励として提供;青年人材は無条件に戸籍を入れることができる...9月26に開かれた2020「上林サミット」の開幕式において、慈渓は人材新政策を発表、世界から人材を導入、慈渓市を揚子江デルタハイレベル人材の集まる場所に作り上げる方針を公表した。


    慈渓人材新政によると、「上林英才」計画リーダ人材(団体)に入選する場合は、最高四つの「1000万元」サポートを提供する。即ち、最高1000万元のプロジェクト資金援助、最高1000万元の人材起業創新基金投資、最高1000万元のローン利息手当、最高1000万元の上場個人奨励である。


    今年年初以来、慈渓は人材導入優位性を構築、整体優位性を創新、政策制度の優位性を構築し、人材導入戦略を推し進めてきた。人材となっている。総人数は24万人を超え、「中国青年楽業百佳県市」ランキングの首位となっている。人材新政によると、当市は人材「基本盤」を拡大、強化する予定で、卒業してから慈渓で就職するドクターに対し、最高50万元の補助金を与え、条件を満たす新しく導入した新卒、大学院生、博士に対し、それぞれ1万元、3万元、5万元の生活手当を与えることになっている。


【印刷】 【閉じる】