ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
農村産業の発展のため 工夫
2020-09-23フォントサイズ: A A A

   全都市化の必要なため、寧波市は主に効率野菜、特色牧畜、優良果物と優良品質の海鮮物などの農業産業を発展させるため、いくつかの大規模、集約化、標準化にするハイレベルの農産物生産基地を作る。慈渓市国家農業産業パークは面積が15.5万ムーで、すでに「砂浜」から「豊な畑」に変わり、全省で畑をつなぐ最も規模の大きい総合区となった。
  寧波市はハイ水準の農業パーク、農業産業の強い鎮、農産物加工パーク、農村産業融合発展模モデルのプラットフォームを作り、そして農業農村産業融合の発展の元素を載せ、全体的に農村一二三産業発展モデル県を4県、国家農村一二三産業融合発展先導区を2区、全国農村産業融合モデルを2個、年間生産量が10億元以上の省レベルのモデル農業産業チェーンを12本培い、全省で産業融合レベルがトップになるのを主旨している。ードします。余姚のザーサイ産業チェーンは比較的集中し、栽培基地が10万ムーあり、年間生産量が20.5億元で、全国市場シェアを4割占めて、区域公用ブランド価値が71.87億元に達している。

【印刷】 【閉じる】