ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波交通発達 市民に便宜を図る
2020-09-23フォントサイズ: A A A

    最近、寧波から奉化までの都市間鉄道、空港までの快速道路、三官堂大橋、中興大橋などの完成によって、寧波の交通仕組みは大いに変わり、今年9月月末に開通したら、交通がさらに便利となる。この国慶節八連休に、寧波人は奉化や姜山などへさらに便利となり、現在使用されている鎮海常洪トンネルはそんなに混まなくなるだろう。
    奉化を「30時分交通圏」の寧波中心区へ入れるのは寧波奉化の都市間鉄道と空港快速南延長道路の完成のおかげだ。高速の道の南が2つのプロジェクトに延びるのです。寧波奉化都市間鉄道は浙江省の都市間鉄道の企画プロジェクトで、この工事は地下鉄三号線高塘駅から出発し、ずっと南へ直行し、途中姜山、方橋を経由し、最後奉化市街区に到着する。全長が21.53kmで、高架駅が9個設けられる。その中、姜山站、獅山駅、明輝路駅などの三駅は去年からすでに運航し始めた。今回開通する駅は朝陽駅、方橋駅、琎琳駅、南渡駅、大成東路駅、金海路駅で、距離が15.9km、このプロジェクトができたら、寧波六区の間にすべて地下鉄でつなぐことができる。

【印刷】 【閉じる】