ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
青春版『牡丹亭』 寧波で初演
2020-09-21フォントサイズ: A A A

   蘇州昆劇場は青春版昆劇の『牡丹亭』を寧波逸夫劇場で演出し、優雅なメロディー、婉曲な節回し、美しい歌、きれいなスタイル、作家湯顕祖が書いた深い恋は400年の後でも依然とし感動された。そして中国劇「梅花賞」を受賞した沈豊英と兪玖林二人の完璧なパフォーマンスは、観衆の喝采を受けた。
   2004年、「昆曲ボランティア」の白先勇は中国大陸・台湾・香港の芸術家を集め、青春版の『牡丹亭』を編成した。浙江昆劇場の「劇監督のトップ」と称されている名誉芸術家の汪世瑜が監督し、蘇州昆劇場の青年役者の兪玖林と沈豊英が柳夢梅と杜麗娘を扮して、そして昆曲芸術家の張継青に伝授をしてもらった。青春版の『牡丹亭』は相次ぎ台湾、香港、蘇州、北京、上海などで演出して、さらに米国、イギリス、ギリシアなどの海外舞台にも登場し、各回満員になって、多くの若者の喝采を受けて、中国文化史上の盛大なことの一つだ。

【印刷】 【閉じる】