ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
北侖データエコノミー 見事
2020-09-21フォントサイズ: A A A


   寧波北侖区政府はアリババ三つの協定書を締結した。双方はクラウド港ものインタネット、物がプロジェクト、精製油の取引、柴橋花木プロジェクトなどを基礎にして、一連の協力を深く展開した。
  「データエコノミー」は北侖で重点的作る核心産業の一つで、ここ数年来、「データ北侖」建設をめぐって、産業デジタル化とデータ産業化を突破口にしてデータの発展を推し進めたと北侖区経済情報局の責任者が述べた。ここ数年来、金型、自動車パーツ、石油化学、紡織、電子情報などの「246」万千億級の産業グループを巡って、北侖は絶えずインテリジェント化診断サービスを加速し、相次いで試験点の模範を示し、データ仕事場所からデータ工場まで転換していく。寧波港北侖第2コンテナバース、梅山島の国際コンテナバースなどは5Gネットワークを利用するほか、海天、東方ケーブルなどの7社企業も「5G+工業インターネット」もすでに青写真を作った。

【印刷】 【閉じる】