ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波市第22回高レベル人材導入説明会 9月18日に開催
2020-09-16フォントサイズ: A A A

 9月14日、寧波市人社局によると、寧波市第22回高レベル人材導入説明会と長江デルタ青年人材招聘会は9月18日(金曜日)に寧波国際会展センターで開催されるという。今回は初めてオンラインと会場開設と同時進行で展開される。そのオンラインは9月11日から寧波人材雲で一週間にわたり行われるという。


 交流展示館は生中継、AI動画面接、5Gリモート面接が続々と登場する。その生中継を10の区と県(市)の放送室と1つの市レベルの放送室を連動させ、10人の区と県(市)の人社局の局長が生放送のキャスターに変身し、53社の大手企業や行政団体から、ポストドクター、機械技師、財務総監督、電子商運営者、故郷観光マネージャーに1785名の優秀人材の募集が出されるという。


 産業館と特別テーマ館には寧波の産業発展に応じ、国有企業や国家行政団体集まってきた。金田銅業、雅戈爾、海尓施、寧波中学(高校)、寧波市医療中心李恵利病院、軌道交通などから、財務マネージャー、新世代人工知能算法技師、ビッグデータの研究開発者、知能製造専門家、薬品生産製造技術専門教育者、企業誘致責任者、IT製品マネージャー、高級プロジェクト投資管理、知能工場工場長、臨床医などの業種の人材募集が出された。その中、均勝グループ、金田グループ、舜宇グループが当日の9:30―11:00産業館で大手企業の説明会が開催されるという。


 特別テーマ館では2021年度大学生卒業生を対象とする高レベル人材がオンライン上での申込みを済ませた場合、18日午前9:00―12:00に必要な書類を持参し、7号館にある求人団体へ資格確認に行く必要がある。市人社局はすべての会場入場者(スタッフと応募者を含む)はぜひ身分証を携帯してください。そしてマスクをつけ、体温測量した上で、健康QRコードを提示して入館してくださいと呼びかけている。

【印刷】 【閉じる】