ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波保税区 全力で高品質と新牽引力を向上へ
2020-09-16フォントサイズ: A A A

 閉幕された世界数字経済大会曁第十届知恵博会で、群創光電気の展示された曲面スクリーンの前に見学者が殺到している。導入や育成を通し、群光電に代表される数字経済の核心産業が寧波保税区に加速発展の新動力を注ぎ込んだ。2020年前に7ヶ月、寧波保税区の数字経済核心産業の生産額は152.6億元を上回って、同期と比べ10.87%増加し、全区工業生産総額比重の75.83%を占めている。


 数字産業化が進む同時に、寧波保税区の産業デジタル化が盛んに行われている。維科電池は6400万元を投じ「重合体リチウム電池」の数字職場を建設し、工業インターネットを導入することによって、生産情報をリアルタイムで共有し、即発表することを実現された。寧波中集投資は5億元を投資し、数字化学製品工場を建設した。現在のところは、すでにERPとMESシステムを完成し全線稼動している。統計によると、2020年保税区では1000万元以上の重点技術改良プロジェクト14個、その中数字経済産業技術改良プロジェクト9個、年度投資額6.4億元が予想されている。

【印刷】 【閉じる】