ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波市で海外技師の共同協力革新による「技術のスーパー」
2020-09-14フォントサイズ: A A A

    海外技師という呼称の発祥地として、全国初の「国家導入国外知力模範地区」として、北侖装備制造業は全区規則以上工業生産額比重の40%超えるという。2020年4月、寧波高度装備海外技師協同革新センターが北侖に定住し、そして浙江省第1陣特色産業技師協同革新センターの試験地になった。


「現在、シンクタンクに入る海外高レベル人材は既に1000人近く、プロジェクトは200項を上回った。その中の圧倒的多かったのは装備領域で先端的なハイエンドプロジェクトである。」という。責任者の紹介によると、寧波高度装備海外技師協同革新センター中心は2020年4月に使用し始め、すでに海外技師251名、プロジェクト115項、企業372社との協力関係提携、技術難題128個、新製品で研究開発22項という盛況である。


    同時に、北侖はまた『更に海外技師導入育成実施拡大意見』を発表し、人材の導入、プロジェクトの育成、プラットフォームの建設、成果奨励、サービス保障という五方面にわたる「導入育成12か条」を出し、海外技師に対して更なら強い支持政策が登場されるという。

【印刷】 【閉じる】