ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波1852隻の漁船 8月1日から出漁
2020-07-31フォントサイズ: A A A

    市農業農村局によると、8月1日の12時から、寧波市1852隻の漁船は三ヶ月に渡る休漁期を終え、出漁することになっているという。

7月30日、石浦鎮250隻余りの漁船は出漁のために、相次ぎ燃料補充などの準備活動を始めたという。鎮漁弁の洪挺主任の紹介によると、蝦引き船、あぐり船などの外海漁船は三四日後始めて「第一網」を収穫することができるが、象山港、環石浦港など地区の小さい漁船は1日の夜と、市場に最も新鮮な魚介類を提供することができるという。


【印刷】 【閉じる】