ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
全国第一、全省第一号の国際電子商取引による海外倉庫
2020-07-03フォントサイズ: A A A

   楽歌(寧波)国際貿易有限公司の7万ドル以上のスマートリフトが国際電子商取引の輸出貨物の申告を成功した。3分後、システムでは税関審査の結果を示した。数時間後、これらの貨物は寧波舟山港から出航し、大洋を越えて、アメリカに運ばれた。
 近年、国際電子商取引の輸出業務は中国の対外貿易の新たな成長点になりつつある。寧波を例にすると、2020年前5ケ月、全市の国際電子商取引の輸出額579.6億元を達成し、前年同期と比べて8.7%増となり、対外貿易の伸び率14.6%を上回った。6月1日まで、国際電子商取引は全市の対外貿易の割合を16.78%に占め、2019年末より3%増加し、現在の対外貿易を安定させる重要な力となった。
 しかし、体量が大きくなるにつれて、いくつかの制約要素も次第に浮上してきた。
 税関調査によると、国際電子商取引の輸出パネルにおいて、B2B(卸し)モデルは貿易額、製品の種類、関連企業の数量などにかかわらず、B2C(小売り輸出)モデルよりはるかに高く、重要な分量である。しかし、これまで国際電子商取引B2Bの輸出品は通常の貿易方式でしか輸出できず、国際電子商取引の恩恵を受けることができなかった。企業は一般的に国際電子商取引B2B輸出専門監督管理方式のコードを増設し、申告の簡素化と通関の便利化を実施することを希望している。
 「国際電子商取引B2B関連の技術標準、業務フロー、監督管理モード、情報化建設などの方面で革新を探索し、より多くの支持措置を検討する」と国務院は国際電子商取引B2Bの発展を推進するために重大な決定を作り出した。税関総署は7月1日から北京、杭州、寧波などの直属の税関10カ所で国際電子商取引B2Bの輸出監督・管理試験を実施することを決定した。寧波は発展のチャンスを把握し、「港、産業、開放」などの総合的な優勢を頼りに、国際電子商取引の革新的な発展を全力で推進し、対外貿易モデル転換・アップグレードの加速器を作り上げた。

【印刷】 【閉じる】