ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
アジア最大海上連接陸橋 開工
2020-07-29フォントサイズ: A A A

    7月27日、寧波市交通部門によると、アジア最大の海上連接陸橋――杭甬高速複線寧波一期プロジェクト濱海中枢連接段は最近正式に開工建設は始まったという。濱海中枢連接は杭甬高速複線と甬舟高速をつなぐ海上連接陸橋で、変形ウマゴヤシの葉っぱの形をしていて、一本の連接主線橋と八本の脇道橋からなり、主線全長1550メートルで、脇道は6387メートルで、建成後、アジア最大の海上連接陸橋となる。

    杭甬高速複線は全省道路網主幹道路「二縦二横十八連三绕三通路」全体の重要な一部で、建成後、大いに揚子江南側と北部地区都市との間の距離を短縮、地域道路網の改善、港口経済圏作りに助力、地域経済社会の発展に重要な役割を果たすことが見込められている。


【印刷】 【閉じる】