ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
世界クラウド計算大会 『C 30寧波共識』を公表
2020-07-24フォントサイズ: A A A

   7月21日午後、寧波市大データ発展管理局、寧波市サービス業発展局とインフォマン会議展示グループ(Informa Markets)の共同主催で「C 30雲聯世界30名リーダの秘密会議」は寧波泛太平洋大酒店で開かれ、政府、企業、学術と研究機構からの30名の代表はそれに出席、「新インフラ建設」「5G+工業インターネット」「新デジタル化治理」などの話題ついて広範な討論を行った、会議参加者は存分に意見を発表、最終的に『C 30寧波共識』が作られた。

    一、今回の突発的なコロナは挑戦であると共に、チャンスでもある。特に大データ、人工智能、クラウド計算などの分野について言える。これらのデジタル技術を使って、データを分かち合うシステムの建設を推進、力を合わせて正確に構築することによって住民にサービスを提供、効率よく政府デジタル化のモデルチェンジを推し進める。

    二、大データとクラウド計算で技術サポートシステム、データ資源システム、総合応用システム、標準規範システム、情報安全システムを構築、公共衛生管理能力を向上させ、公共衛生システムを完全化する。

    三、都市一体化大データセンターの建設を加速し、新インフラ建設の発展に注力、発展新運動エネルギーをアップさせる。

    四、デジタル化モデルチェンジを通して、製造業のハイレベルの発展を推進する。供給需要双方の矛盾を解決、業界多種個性化方式のニーズに満たし、ソフトハード一体のサービス能力を開発する。

    五、デート統一採集によって、産官学の協同交流を増やし、政府部門が主導、その他の業界及び部門の協同で肝心技術、核心部品の研究発展突破と科学研究体制の創新を実施、産官学すべての環節のクラウド利用を推進、大いに業界基準を強化、研究製造と応用普及を推し進める。



【印刷】 【閉じる】