ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
 寧波両大橋のサッカー場とスマート駐車場
2020-07-01フォントサイズ: A A A

    6月30日、寧波の橋下の空間利用プロジェクト(慶豊橋、外灘大橋)の工事が正式に始まった。工事は鄞州区の慶豊橋、外灘大橋の下にあり、主に橋の下の空間を利用して屋外運動場及び付帯施設、スマート駐車場、景観緑化などを建設し、総施工面積は約10000平方メートルがある。

    外灘大橋

    江東北路(驚駕路~民安路)の交通が混雑て、周辺には多くの商業ビルや住宅地があり、駐車スペースが不足している。市政府は外灘大橋の下の空間に自動車駐車場を設置し、商業地区とオフィス地区の駐車緊張を緩和することを図っている。

    駐車場は5Gの通信技術で建設される。橋下には合計145台の駐車スペースがある。その中の44台の駐車スペースが更に220V7KWの充電ポストが配置されている。電気自動車に便利を提供できる。現場では車の持ち主が赤と緑のランプを通じ、正確な駐車車両を誘導できる。車を取り出す時、5Gの信号に基づいて正確に車の地理情報を読み取り、快速車を取りだすことを実現できる。

    慶豊橋

    都市居住区にスポーツ場が不足していることを考慮して、慶豊橋下の橋下周辺環境に合わせてテーマ性のあるスポーツ公園を作る。公園内にはケージ式のサッカー競技場4つと公衆トイレ1つを建設する。

    プロジェクト期間は約180日と計画されている。その時、橋の下の空間は、市民に全面的開放し、都市の品質が更にアップできる。


    当初、二つの橋の下には空間利用機能が単一で、主に植物を植えていたが、日照不足で緑化の死亡率が高く、良好な景観効果が得られなかったという。今回の橋下空間プロジェクトは、主に慶豊橋と外灘大橋の橋下空間に対して、「橋の都合により」総合的に構想を高め、機能と景観配置方案を提案し、一橋一策の精細化管理を実現できる。


【印刷】 【閉じる】