ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
 寧波整車輸入数量 爆発的に増加
2020-07-01フォントサイズ: A A A

浙江省唯一の整車輸入ルートとして、寧波梅山の整車輸入量は年々増加している。梅山税関の予測によると、2020年5月6日、梅山港の整備車の輸入台数が爆発的に増加し、2020年上半期の輸入台数は6500台前後に達し、2019年とほぼ同じ水準になる見込みだ。

近日、寧波海関の全車輸入管理システムが正式に運行を開始した。梅山中信港通税関自動車監督場で、輸入車が手持ち検査設備を通過する時、「ディー」の音と共に、車両RFIDタグはすでにシステムを通じて自動識別され、出庫と検査記録のリアルタイムにアップロードした。

    RFIDタグとは、輸入車1台に1枚の「電子身分証」に相当し、この「身分証」は輸入車の整備から入庫、検査、出庫までの全過程を貫く。RFID番号を獲得すれば、整車のフレーム番号、ブランドの規格、色、在庫番号などの情報は、「寧波海関整車輸入管理システム」を通じて即時に検索できる。

【印刷】 【閉じる】