ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
海曙区 「滴灌式」サービス方式で不況の中外資を引き付け
2020-06-24フォントサイズ: A A A

    海曙区「滴灌式」サービス方式で、プロジェクトの商談から招致、導入するにいたるまですべての過程で外資企業の「資金」と「気持ち」を引きとめておいた。2020年1~5月、この区は年間実際外資利用指標の50.1%を完成し、「不況市況の中でのうなぎ登り」を実現した。


     良いサービスで良いプロジェクトを導入、良いプロジェクトで大産業を牽引する。2020年、新しい消費産業である独角獣企業愛庫存華東地区本部が海曙区で資本登録をし、国際在庫取引プラットフォームを設立し、制造業とサービス業の深い融合を進める計画である。新型コロナウイルス肺炎の発生後、徳勤初の運営する新機構も海曙区で設立を迎え、優良な仲介サービスを提供する「強い磁石」をつけ、多くの外資企業を引き付けているという。

【印刷】 【閉じる】