ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
3000万元消費券で25億元の購買力を動かせる
2020-05-22フォントサイズ: A A A

    天一広場、杉井アウトライス広場、鄞州ワンター広場、印象城ショッピングセンターなど、にぎやかな寧波商業が復活した。先日、寧波市商務局は第一号の3000万元寧波消費券を発表した。

    データによると、現在の使用日付をみると、毎週木、金、日は消費券を利用する日にちが最も多くて、木曜日は毎号の有効期限の締切で、有効期限をさけないように消費者にタイムを注意する。金曜日、土曜日は毎号発券の初めなので、とくに週末効果を加えて、消費者の興味が高い。

    消費時間を見ると、12:00―18:00は毎日消費者の最も集中する時期で、およそ総消費の45.1%を占めるのに対して、夜間消費はおよそ28.2%を占めて、夜間経済は更に強化する必要があるという。

    消費層から見ると、三十代と四十代は消費の主な力で、ぞれぞれ35%と34%を占めている。五十代、六十代はそれについて、それぞれ15%と9%に達している。


【印刷】 【閉じる】