ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
「美しい郷里へ健康運動に」シリーズスタート
2020-05-22フォントサイズ: A A A

    5月下旬、寧波市「美しい郷里へ健康運動に」シリーズの式典が山と海の間挟まれている象山県塀頭鎮で開催された。

    調査によると、5月に主に象山塀頭、鎮海十七房、余姚鹿亭などの三ヶ所で行うが、6月から、各区県(市)は続々と「美しい郷里へ健康運動に」の各場所の特有イベントを2020年末まで行う予定だという。

    5月20日の第一のイベントは象山県塀頭鎮方家村で行われる。イベント内容は古道登山を主なテーマにして、それと同時に郷里集会、タイムカード賛成の集め、主題展示、面白いゲームなどの五大ブロックを設けられている。登山参加の市民は方家村のダム広場健康歩道を始発点とし、石鼓嶺と黄コ嶺などの2本古道を経由して、方家村バーベキューセンターまで到着し、およそ5.2kmぐらい歩く予定だという。この健康運動をしているうちに、参加者は登山で体を鍛えるのだけではなくて、現地の郷里名物や出し物を味わえるし、お土産を買うこともできる。


【印刷】 【閉じる】