ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波舟山港 初回フェリー埠頭輸入車を迎える
2020-05-22フォントサイズ: A A A

    850台タイから輸入してきた三菱自動車は寧波舟山港梅西フェリー埠頭から初めて走りながら出てきた。これは寧波舟山港梅西フェリー埠頭で初めてフェリー出船の形で外国貿易の輸入車を迎える。また浙江省では初めてフェリーで外国貿易の自動車を輸入したという。

    2020年4月以来、国家関係部署は外国からの自動車の丸輸入を振興するために続々関係政策を作り出した。寧波舟山港梅西フェリー埠頭はチャンスを掴み、輸入ビジネスや地方政府関係部署との疎通を強化し、積極的に三菱自動車の輸入業務を梅山で扱うように努力し、この埠頭の自動車輸入業務の空白を埋めた。

    これから、寧波舟山港はだんだん梅西フェリー埠頭の第一期2段階の工事を進め、梅西フェリー埠頭が地域性のあるフェリー式輸入センターになるのを加速する。


【印刷】 【閉じる】