ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
世界一のコンテナ船 大榭島に停泊
2020-05-20フォントサイズ: A A A

    今日、世界一のコンテナシリーズ定期船「近代オスロ」は寧波舟山港大榭国際埠頭に停泊する。「現代オスロ」は積載重量が22.5万トン、長さが400M近く、幅が62M、高さが33Mで、最大23820の標準コンテナを積載することができる。これも大榭港区で2万個のコンテナを作業する能力が2.4万個になり、史上新高値を作ったと意味している。

2014年から、大榭ビジネス招致国際埠頭は良好な地理的な優位に頼り、何度も20万トンのコンテナ船舶の停泊を受け入れた。

    今回、世界一のコンテナー船の停泊作業を迎えるために、大榭国際埠頭は年初から、積極的に停泊スパースアップ、前方泥取り計画、たくさんの停泊施設を提供する以外、それと同時に22.5万トン停泊能力論証報告専門家審査会を開き、そして直ちに浙江省交通庁の許可を得たという。


【印刷】 【閉じる】